※只今準備中です
MENU

Free style リブレって何?|ゆう徳丸内科皮膚科|
東武練馬駅・下赤塚駅より徒歩圏内

ブログ

Blog

Free style リブレって何?

Pocket

こんにちは。今日は特にインスリン治療を行っている人に必要な自己血糖測定についてのお話です。

 

糖尿病の治療をするにあたって一番大切なことは、もちろん血糖値をよくすることです。保険診療では基本的に内服薬のみで治療している患者さんは病院での採血結果を参考にして治療しますが、インスリン治療を行っている患者さんなどは自宅で血糖値を測定することもできるため、それらの値も見ながら治療を行っていきます。

 

しかし、近年自宅での血糖測定の方法として、従来の手段とは別の検査方法が出てきました。Free styleリブレ(フリースタイルリブレ)という機械を聞いたことはありますか?今まで自宅でできる血糖測定というのは、指先に針を刺すことで少量の血液を採取し、そこから血糖値を測る、というものでした。非常に有用な検査ですが、「その時点での血糖値」のみ知ることができるため、測定していない間どのような血糖値の変動をしているかはわかりませんでした。しかし、Free styleリブレという機械は、一度腕に装着することで2週間いつでも自分の血糖値を知ることができるもので、血糖値のトレンドを見ることができる今までにはなかった画期的な血糖測定器です。

従来の血糖測定の難点は、保険診療では測定回数に限りがあること、食事後の血糖推移がわからなかったこと、夜間低血糖が診断できないこと、などがありました。しかし、Free styleリブレでは腕にセンサーを付けている間は常に血糖測定をしているためリーダーをかざすだけで寝ている間などの血糖推移も簡単にわかるようになりました。

現在保険診療の中では適応に制限があり、強化インスリン療法施行中の方または強化インスリン療法施行後に混合型インスリン製剤を1日2回以上使用している方、または使用できるセンサーの枚数は少なくなりますが、上記以外のインスリン治療を行っている方も従来の自己血糖測定器と合わせて処方することが可能になっています。ただし、食後血糖や夜間の血糖値の推移を簡単に見ることができるのは、患者さんの糖尿病治療への意識付けにもつながりますし医師側からしても治療方針の手助けとなるため、保険診療の適応とならない患者さんにも自費診療となりますが、リーダー(¥7,000(税込))・センサー(¥7,500(税込))ともに販売を行っております。ご希望の方はいつでもお問い合わせください。

 

ちなみに私自身も装着したことがありますが、「この食事をするとこれくらい血糖値が上がるのか!」とか「糖質が入っていないと本当に血糖値は変わらないな」などものすごく実感できるため、食事をして血糖値の変化を見ることが日課になった二週間でした。本当に動機づけにも役に立つと思います。

 

取り付けは簡単で、ご自身でやることも十分できますが、不安な方は当院での装着、取り外しも可能です。取り付けた後は、強い衝撃を与えなければ入力やシャワー、運動なども可能になっているため、特に生活に支障が出ることもなく、また、指先に針を刺す痛みからも解放されます。なお、ペースメーカーをつけている患者さんやレントゲン検査を直近で予定している方は装着はできませんのでご了承ください。

 

どんどん糖尿病治療は進化していきますね。

 

【ゆう徳丸内科皮膚科へのアクセス】

板橋区徳丸4丁目にあるゆう徳丸内科皮膚科へは、有楽町線・副都心線『地下鉄赤塚駅』、東武東上線『下赤塚駅』『東武練馬駅』から徒歩圏内です。国際興業バス(下赤03)、りんりんGO(板橋区コミュニティバス)「赤塚第一中学校」バス停目の前であり、駐車場・駐輪場完備、敷地内に薬局完備しており、受診しやすい環境を整えています。待合室は広く確保されており、予約システムを導入していることで待ち時間の短縮に努め、新型コロナウイルス感染症を始めとした感染症対策を万全に行っております。糖尿病治療に関して、当院は糖尿病治療に役立つFree style リブレを導入しております。ご興味のある方はいつでもお問い合わせください。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ