MENU

健康診断の重要性|ゆう徳丸内科皮膚科|
東武練馬駅・下赤塚駅より徒歩圏内

ブログ

Blog

健康診断の重要性

Pocket

こんにちは。今年は1月は寒かったですが、2月になってから暖かい日が続き、桜はあっという間に満開になりすでに散り始めていますね。4月になれば新生活が始まる方も多いのではないでしょうか?新型コロナウイルス感染症はまだまだ油断できる状況では全くありませんが、それでも新生活が始まる人にとっては大切な時期です。

 

 

さて、当院でも新生活に向けてであったり、新型コロナウイルス感染症の影響で健康診断を受けられていなかった人などが続々と健康診断を受診しにいらっしゃっています。令和3年度分の区の健康診断はおおむね5-6月開始を予定しておりますのでまだ先ですが、今日は健康診断の重要性について、書いていこうと思います。

 

 

 

健康診断は、基本的には問診、診察、身長や体重、視力や聴力、採血、尿検査、レントゲン、心電図などを行うことが多いですね。項目は会社の雇用時健診や定期健診など項目が法律で規定されているものもあれば、生活習慣病健診など多くの項目を調べる検査まで様々です。人間ドックとなれば、バリウム検査や胃カメラ、大腸カメラ、場合によっては1泊2日で体の隅々まで調べるものもあります。区の健康診断や会社の健康診断などは助成が出ることが多いため、自己負担は少なく(または無料)て済むことが多いですが、人間ドックはオプションまでつけると数万円かかることはざらですね。毎年受けるには負担が大きすぎますしどのように活用するのがいいでしょうか?

 

 

Q. 会社の健康診断は受けたほうがいいの?

 

A. 必ず受けてください。

 

まず、従業員に対して健康診断を実施することは企業の義務になっていますので、必ず受診しなければいけません。ただし、かかりつけの病院があり、そちらで定期的に検査を受けており代用可能であれば、必ずしも受ける必要はありません。該当するかどうかは、事業主に尋ねてみるのがよいと思います。

 

 

 

Q. 健康診断で異常を指摘されました。病院には行ったほうがいいの?何の症状もないんだけど・・・

 

A. 病院受診を指示された場合は、必ず受診しましょう!

 

病院受診を指示されても、病院に行かない方がいらっしゃいます。特に多いのが、高血圧や血糖値異常、コレステロール異常、肝酵素異常(多くは脂肪肝)などですね。やはり症状が出ない、出にくい病気のときは、なかなか皆さん忙しいことを理由に病院受診をしないことが多いです。特に今年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、更に顕著だったと思われます。

 

しかし、上記のような、いわゆる生活習慣病と言われるものは、徐々に体をむしばんでいきます。血管がどんどん痛んでいき、動脈硬化が進んでいくと、脳梗塞や心筋梗塞、腎不全(透析)など命に係わる合併症を起こすこともあります。一度痛んでしまった血管は元には戻らないので、『症状が出てから治療するのではなく、症状が出ないように治療をする』ことが大事ですね。

 

 

Q. 会社勤めとかはしてなくて自営業なんだけど、区の健康診断でも受けたほうがいいの?

 

A. 必ず受けてください!

 

こちらは非常に注意が必要です。なぜなら、自営の場合はそもそも会社から受けるように言われる、などのことがないため、自分で病院に行くという行動をとらなければ、受診せずそのままになってしまいます。そのため、忙しいことを理由に受診せず、なおかつそれが長期間放置されている方が非常に多いです。上述した通り、生活習慣病は症状が出る前から発症しています。特にコレステロールや血糖値などは採血検査をしないとわからないため、必ず年に1回は受診しましょう。何度も同じことを言いますが、『症状が出てから治療するのではなく、症状が出ないように治療をする』ことが大事です。

 

 

Q. 人間ドックなども毎年受けたほうがいいですか?

 

A. 受けられるなら受けて損はないですが、ご自身の経済的事情での判断でよいと思います。

 

人間ドックは胃カメラ、大腸カメラ、脳ドック、婦人科診察、各種腫瘍マーカーなど、多くのオプションがあります。これらはすべてやると場所によっては何十万円もかかることもありますし、非常に高価になります。企業や市区町村が行う健康診断ですべての病気がわかるわけではありませんが、毎年高額なお金をかけて健康診断ができるかというと、なかなか難しいですよね。

 

もちろん、経済的に余裕がある方は毎年人間ドックを受けられるのがよろしいかと思います。しかし、そうでない方のほうが多いと思いますので、まずは、企業や市区町村が行う健康診断を必ず毎年受診し、異常な結果があればまずは最寄りの病院、診療所を受診しましょう。

 

 

 

 

 

健康診断はすべての病気を100%見つけてくれるものではありません。例えば胸部レントゲン写真では、10人肺の異常がある人のうち、8人引っ掛けることができれば健診の意味があったとされています。症状が何かあれば受診することが多いでしょうが、無症状の人の80%の病気を見つけてくれることは非常に意味があると思います。そろそろ健康診断の時期になりますので、皆さん積極的に受診しましょう!

 

 

 

【ゆう徳丸内科皮膚科へのアクセス】

板橋区徳丸4丁目にあるゆう徳丸内科皮膚科へは、有楽町線・副都心線『地下鉄赤塚駅』、東武東上線『下赤塚駅』『東武練馬駅』から徒歩圏内です。国際興業バス(下赤03)、りんりんGO(板橋区コミュニティバス)「赤塚第一中学校」バス停目の前であり、駐車場・駐輪場完備、敷地内に薬局完備しており、受診しやすい環境を整えています。練馬区北町にも隣接しており、徒歩圏内です。待合室は広く確保されており、予約システムを導入していることで待ち時間の短縮に努め、新型コロナウイルス感染症を始めとした感染症対策を万全に行っております。当院は、板橋区・練馬区が行う区民健診の実施医療機関になっております。また、院内にはレントゲン、心電図、血管年齢、骨粗鬆症に対する骨密度検査、心臓・腹部・甲状腺などの超音波検査などの医療機器も取り揃えており、生活習慣病健診なども行うことが可能です。健康診断にご興味がある方は、ぜひ一度受診してみてください。

 

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ