MENU

花粉症などの舌下免疫療法を始めるなら、今月中がおすすめです!|ゆう徳丸内科皮膚科|
東武練馬駅・下赤塚駅より徒歩圏内

ブログ

Blog

花粉症などの舌下免疫療法を始めるなら、今月中がおすすめです!

Pocket

こんにちは。今日は舌下免疫療法について、ご案内です。

 

 

早いもので、2021年ももう12月半ばまで来てしまいました。あっという間ですね。年が明けるとすぐに受験や就職、異動の時期である2-3月になります。2-3月と言えば、花粉症の方にとっては一番つらい時期ですよね。

 

 

当院では、スギ花粉症の根本治療である舌下免疫療法を行っておりますので、花粉症でお困りの方はぜひご相談ください。昨年も同様の記事をまとめておりますので、下記もご参照ください。

 

 

スギ花粉症、ダニアレルギーに対する舌下免疫療法

 

 

 

当院での舌下免疫療法の開始のまとめをしておきます。

 

 

1. 血液検査などで、スギ・ダニに対するアレルギーがある証明のものを持参していただきます。今までのデータなどがなければ、当院で採血を行うことも可能です。予約なしでも受付しておりますので、ご受診ください。

2. アレルギーの証明ができれば、舌下免疫療法の注意点など説明し(パンフレットなどもお渡しします)、希望があればその場で開始することも可能です。ただし、初回は内服後30分は院内で経過観察を致しますので、午前診療であれば12時まで、午後診療であれば17時までにご来院をお願い致します。

3. 説明後、治療に同意いただければ、同意書に記入の上で、お会計をお願い致します。当院は門前薬局(鈴薬局徳丸店)がございますので、そちらで薬剤を受け取りの上で当院に戻ってきていただき、内服していただきます。30分経過し、問題なければ、それ以降は自宅での内服となります。

4. スギ花粉、ダニアレルギーどちらも2種類の量があります。最初の1週間は低容量、1週間後再診していただき問題なければ高容量へ変更、その後2週間後に再診していただき問題なければ、その後は月1回の通院となります。

5. 増量のタイミングなども含めて、咽頭の違和感や口内炎など副作用が出る場合もありますので、増量に関しては診察の上で判断いたします。

 

 

 

免疫療法は、『舌下免疫療法』と『皮下注射免疫療法』の2種類があります。皮下注射は週1回程度の通院が必要になり、更に毎回注射となるため、ハードルが高い面もありました(もちろん、皮下注射のほうがすぐれている点もございます)。舌下免疫療法は気軽にできるという点、また注射でもないため、小さなお子様でも嫌がることが非常に少ない、という点も魅力だと思います。毎年スギ花粉症で悩まれている方など、ぜひご受診頂ければと思います。

 

 

【ゆう徳丸内科皮膚科へのアクセス】

板橋区徳丸4丁目にあるゆう徳丸内科皮膚科へは、有楽町線・副都心線『地下鉄赤塚駅』、東武東上線『下赤塚駅』『東武練馬駅』から徒歩圏内です。国際興業バス(下赤03)、りんりんGO(板橋区コミュニティバス)「赤塚第一中学校」バス停目の前であり、駐車場・駐輪場完備、敷地内に薬局完備しており、受診しやすい環境を整えています。待合室は広く確保されており、予約システムを導入していることで待ち時間の短縮に努め、新型コロナウイルス感染症を始めとした感染症対策を万全に行っております。当院は、スギアレルギーに対する『シダキュア®』、ダニアレルギーに対する『ミティキュア®』を用いて舌下免疫療法を行うことのできる施設です。アレルギー採血含め、いつでも担当医にご相談ください。

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ